心理カウンセラーのアドセンス日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心理カウンセラーのアドセンス日記

心療内科勤務の私がブログと言うものに手を出したらこうなる!と言うブログです(; ・`д・´)

アドセンス、アフィリエイト初心者の収益を上げてみる

アドセンスアフィリエイトの収益アップの確率を上げる目的のブログをまとめてみたらこうなった。

要するに「おさらい」を書いてみました(´▽`*)

アドセンスの審査通過とアフィリエイト収入の確率をあげる

ドンキーホーテ成功のロジックが人間の購買心理を煽っているという事、そのロジックが「店内平均滞在率(1,46時間)」に影響が出ているという事は前の記事でお話させていただきました(*'ω'*)

           【こちらの記事です】

misaco.hatenadiary.com

 

アドセンスでは「平均滞在時間」「平均セッション時間」この2つの数字をなるべく近づける事が重要とされているようです。目標としては「2分程度」でしょうか。

上のブログでも書きました「ドンキーホーテ成功のロジック」で例えたら外観やリンク、アフィリエイトアドセンス広告などをサイトやブログに色々と仕込んでみたらいいかと思います。

ではまず最初に覚えておいて欲しい論理がコチラ!

f:id:tunagarukun:20170412110122p:plain

 

心理的時間

時間経過に対する知覚を「時間知覚」と呼び、知覚された時間の事を「心理的時間」と呼びます(*'ω'*)

心理的時間を長く感じさせるための要因には「神経生理学的な興奮状態」「時間経過への意識の集中度が高い」「経過時間中に起こる刺激が多い」などが挙げられます。

「活動自体が魅力的」「適度に困難」「自分の関与度が高い」ものであれば時間経過を意識することが少なくなり心理的時間は短くなると言われています。

 

時間経過の感じ方は重要で、適度に「あっという間」が感じられればブログやサイトに対する「つまらない」と言う感情が生まれる事も少なくなります。

つまらなく思う記事(重い、文章が単調)を観覧する際には時間の経過が遅く感じられ、時間が長く感じられるという事は物事を実態以上に嫌悪させるといった「負のスパイラル」の中に取り込まれていってしまいます。

f:id:tunagarukun:20170412113124p:plain

例外を除きアフィリエイト初心者の方は「無駄な時間」を費やしやすい傾向にあります。例えば「あっ!ためになりそうな情報だな」とサイトやブログに入ってみると「商材ばかりで肝心な事が書いていない」「よくみたらもう何年も前の記事だった」など。

自力で覚えようとする姿勢は素晴らしいのですが「効率」を考えると「よくわからないけど調べてみよう」はあまりにリスキーです。

私は本を読むことが好きですが、最近は本を丸ごと読むと言う行為をしなくなりました。今の時代ググれば「書評」なるものが山ほどでてきます。

本を一冊読む時間って割と長いじゃないですか(゜.゜)

書評を読むようにすれば本にとられていた時間が空き他にできることが増える!

「世の中に無駄な努力などない!」果たして本当にそうでしょうか?

「考えながら努力しないと努力は平気で裏切りますよ」

 

ではまずアフィリエイト初心者さんでも使える論理をいくつかご紹介します。

 認知的不協和

人は売り込まれることを嫌う傾向にあります(; ・`д・´)

多くの人が営業マンに対して強い警戒心を持っています。

この事実はオフラインでもオンラインでも変わりません。

なので最初の段階では「セールスに見られないようにファーストコンタクトを取ることが重要なのです」

認知的不協和を使うと簡単にファーストコンタクトを取ることができます。

人が自身の中で「矛盾する認知」を同時に抱えてしまった場合、これを解消するために自文の態度や行動を変えてみるという考え方です。

 

 

返報性の法則

一度は耳にしたことがある方も多いと思います。

この法則は「好意には好意で報いる」「受けた恩は必ず返す」「そっちがそう来るなら自分も・・」といった行動に見られる、もらいっぱなしの状態を居心地悪く感じる心理です。ごく一部を除き、人は「お返しをせずには居られない」と言う心理として

「好意の返報性」「譲歩の返報性」「自己開示の返報性」などがあります。

例えば、アフィリエイト上の情報を先駆者から貰った際、それが有益な情報ではなくとも、「自分の事を気に掛けてくれている」「好意を抱いてくれている」といった想いを一般的には抱く傾向にあります。

そして、「何かあった際には恩返しをする」「自分も好意を抱いている事を伝えたい」などといった感情が具体的な形になる事で、ネット上のつながりが深まっていきます。

※顔が広く、様々な分野に人脈を持つ人は、最初に好意を示す事(何かを与える・何かをして上げる)が人間関係上のキーポイントである事を熟知しています。

misaco.hatenadiary.jp

 

こちら 私と同じ時期にアドセンスアフィリエイトを始めた方のブログです

www.kuro6.com

なんと東大生が書くブログ!必見です(*'ω'*)

www.minako01.xyz

コチラの方は私みたいに端折らないでしっかりとアドセンス審査通過の方法が書いてあります(笑)

www.alena-lib.com

全ては返報性の法則に基づくものであります。

 

「飴と鞭の心理」 

アメとムチ・・それを間欠強化の法則と言います。当たり前のように毎回ご褒美をもらえるより「もらえるか?」「もらえないか?」どうなのかわからない状態に持って行ったほうがご褒美をもらおうとする行動が積極的になったり長続きします。「私達も頑張ればそれ以上の見返りがあるかもしれない!」と思うと人は普段以上の力が出たり頑張ったりします。

アメリカでは心理学者が実験で証明しています。

マウスがボタンを押すと「毎回餌がでてくるボタン1」「ランダムに餌が出てくるボタン2」を作り実験したところねずみは「必ず餌がもらえるボタン1」ではなく「ランダムに餌がでてくるボタン2」を長時間に渡り押し続けたのです。

人間で言えばそれはギャンブルや恋愛、購買心理にあてはまります。

サイトやブログにやたらとアドセンスアフィリエイト商材を上げてみたり、恋愛に例えるなら「好き」と言われ続けても心に全く響かない!

たまーに褒めてもらえたりするととてつもなく嬉しかったりしますよね(^^♪

 

 

 一貫性の原理(クロスセル)

一貫性の原理とは「自分の行動」「発言」「態度」「価値観」などに対して一貫したものとしたいという心理です。

misaco.hatenadiary.jp

この原理をアフィリエイト記事にうまく書ければアフィリエイト成約率は大きくあがるはずです。

 

f:id:tunagarukun:20170327182858j:plain

まだまだ初心者さんにもできる収益アップ作戦の論理はありました。

ただしここから先は見たいと思う人だけが見てください。

そして例えこの記事に書いてあること全てを試したとしても、必ず効果があるわけではありません。

無駄になるかもしれませんのでその辺をしっかり理解をした方だけが使ってください(; ・`д・´)

 

希少性の原理

手に入りにくいものほど良く見えてしまうという心理です。

この「希少性の原理」がうまく回ると劇的に収益を上げることができる可能性があります。

先日、私「Amazon」でショーツを買おうと思い探していました。

やっと良いかなって思うスタンダードなショーツを買おうとしていた私の目に入ってきた言葉が「ショーツのラインがアウターに響きにくいシームレスショーツが大人気で残り1つしかない」と言うフレーズだけでスタンダードショーツよりこの3倍の値段のシームレスショーツが目に入った。

この時点ではまだ悩んでいたのだが、このように希少性の原理を組み合わせて提案する事で一人当たりの顧客単価が上昇傾向にあるようです( ゚Д゚)

 

心理

この心理学を私は以前、当ブログ記事アドセンスアフィリエイトに使える心理学ランキング」で1位にあげました!

1位の理由は理解すれば「誰でも」「簡単に」使う事ができるからです。

 

f:id:tunagarukun:20170410191650j:plain

 

 

購買心理を煽る色NO1は「赤」です。

安心、安全などを煽る場合には「青」

もしくは「緑」です。

 希望をもたらせてくれる色は「黄色」です。

 

アドセンスアフィリエイトに使える心理学ランキングはこちら!】

misaco.hatenadiary.com

 

と、まぁ色んな心理学がありますが、これらは全て統計上のものです。

もちろん「例外」もありますので使用する際はご理解ください(; ・`д・´)

 

で、ここからは前回「実験的」に書いたブログの記事の結果ですが・・・

【こちらがそのブログです】

misaco.hatenadiary.com

結果から言えば「成功」でした\(゜ロ\)(/ロ゜)/

アドセンスアフィリエイトも過去にないくらい」

私の過去にないくらいは(本が1冊買えるくらい)なものですが今までのブログ記事の中で1番成果が見られました。

 

~初心者の方限定で続きを読んでください!~

アドセンスアフィリエイト初心者の収益を上げてみる

何を実験したか?サイコロに例えれば「1の目をたくさん出すためにサイコロを何回も振った」のです(; ・`д・´)

1の目をたくさん出すために「数」をうちました。

要するに「数をうつ」「確率をあげる」実験記事をあげてみたのです(゜o゜)

アドセンスアフィリエイトの収益率アップには「確率」をあげる事が先ず

最重要です。

やり方は人それぞれ違うのでしょうが結果は同じところに辿り着くはずです(=゚ω゚)ノ

もちろん「運」「奇跡」も確率のひとつですが「数」をこなすことも同じ確率です。

要は「待っているか」「行動するか」の2通りにまとめちゃえばスッキリしててわかりやすい!

「コツ」なるものがあるとするのならば、まずは「行動」しかないでしょうね!

 

ここで豆確率知識

先日、結婚を発表した「佐々木希と渡部健」2人は「確率」で出会い、お付き合いをする中でお互いにお互いの統計をとり「結婚」への確率があがりに辿り着いたと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 話は初心者ブロガー サイトのアドセンスアフィリエイト収益アップ作戦に戻ります。

 

これも先日記事にさせていただきました!

人間の視覚は「Z」のように流れる傾向にあります。

それを「Zの法則」と言います。例えば下記の図を見てください!

f:id:tunagarukun:20170331120944j:plain

 図の「Z」の流れで人間の視覚は泳いでいくような傾向を強くもちます。

例えば「居酒屋の宣伝用チラシ」などを作るならまず一番目立つ「Z」の先端にそのチラシで一番伝えたい事を表記したりすると広告の効果が上がるのです。

 

f:id:tunagarukun:20170331121803j:plain

 

こんな感じ!どうですか?

一番最初に目に飛び込んでくるのはやはり「本日生ビール無料!」ではないでしょうか!

チラシなんて読まれずに捨てられることばかりですが、人間は「自分に利益のあるもの」には食いつきやすい傾向にあるので、まず「Z」の先端に「チラシを一瞬でも見た方の利益」を表記します。

するといわゆる「セッション滞在率」が上がり、「チラシ内容」「店の地図」最後の「クーポンや割引券」 までたどり着きやすくなるのです。

 

この法則をブログやサイトの外観にしてみましょうか。

ブログやサイトに「Zの法則」を利用した場合、ザックリですがこんな感じのカスタマイズになりますね(=゚ω゚)ノ

f:id:tunagarukun:20170411001642j:plain

SEO対策などは記事タイトルを2言語使うと良いと聞きます。

記事タイトルは「記事」の上でOKですよね(´▽`*)

アドセンスアフィリエイトは警戒心をもたれないためにも控えめが心理学的には良しとされますが個人的には「視覚」を読みとることができれば「アフィリエイト商材」「アドセンスは3つまで」貼りまくりの記事でも攻撃的で面白いと思っています。

 

あくまでこれは法則に基づいてアドセンスアフィリエイトの収益アップの確率を上げるための外観の話です。

この記事の中に自サイトのリンクを貼る事でまた「サイコロを振る回数」が増えたりしますよね!

これだけでも少しは収益アップの確率が高まるのではないでしょうか!

しかしブログは書けてもアフィリエイト初心者にとっては「アドセンスの審査通過」できるかどうかが「最大のテーマ」だし「不安要素」ですよね。

misaco.hatenadiary.com

 上記の記事が参考になるのであれば嬉しいです(´▽`)

初心者さん、同期のみなさん!ぜひより良いアドセンス生活を送ってください!

私も楽しいアドセンス生活を満喫したいと夢見ております!

最後まで見ていただいたユーザーの方々、お疲れ様でした( ^^) _U~~

f:id:tunagarukun:20170327060056p:plain

 

これ面白そう!

ライターのための分かりやすい薬事法: アフィリエイター、ブロガー、webライター必見