読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心理カウンセラーのアドセンス日記

心療内科勤務の私がブログと言うものに手を出したらこうなる!と言うブログです(; ・`д・´)

アドセンス、アフィリエイトに使える心理学ランキング

どうも(=゚ω゚)ノ  

心の専門家「Misaco」です☆彡

アドセンスアフィリエイトに使える心理学を自己体験を踏まえてランキングにしてみました。

 

 心理学的にもおすすめの一冊が人気殺到中

 

Google AdSense グーグルアドセンスアフィリエイトで使える心理学ランキング」

 

 

第5位

禁止されるほど・・カリギュラ効果

人間は「やるな」「するな」など禁止された行為に興味が湧き、ダメだとわかっていてもついついやってしまう傾向にあります。

 

(例)「絶対にこの箱を開けないでください」「この情報は人には言えません」

 

 

 

第4位

全ては表現の仕方次第フレーミング効果」

 同じことを伝えているにも関わらず表現や目線、言い回しを変えるだけで印象がまるで変ってきます。

 

(例)「約3割の人が買っている」「3人に1人が買っている」

 

 

 

第3位

手に入りにくいものほど・・「スノップ効果」

人間簡単に手に入る物よりなかなか手に入らないものに魅力を感じます。

希少価値のあるものには飛びつきやすくなります。

 

(例)「人気商品だからすぐに買わなければ」「限定商品だから今買わなければ」

アドセンスの審査はなかなか通過できない」

 

 

 

第2位

第一印象「ハロー効果」

社会的心理学の代表です。人間は人の容姿、服装、年収や学歴、肩書などひとつの特徴によって無意識のうちに全体像の評価をしてしまう現象をハロー効果と言います。

例えばこれをWebに置き換えてみればいいでしょう。ブログの外観、実績や収益で無意識のうちに全体像を見ているのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

第1位

強いエネルギーをもたらす色彩心理学

色は人が思うより私たちの心理や行動に大きな影響をもたらしています。

f:id:tunagarukun:20170403212242j:plain

赤色は「活力」「情熱」「興奮」といった強いエネルギーをもたらす色として好まれている色です。

特に購買心理を煽る色としては最優秀色です。不思議と目にとまる色なのでうまく使えば売上アップは間違いないでしょう。

他、やる気になっている時、元気がほしい時、自信を取り戻したいとき、エネルギーを補充したいとき、自分をアピールしたい時に赤色を好きになる人が多いようです。

一方ネガティブなイメージは「攻撃的」「怒り」があります。

しかしこれも攻めエネルギーの現れです。

間違ってはいけないのは赤色は信号機で言えば危険を表すサインとしても使われているため「赤」ばかりにしてしまうと人は深層心理で危険を感じてしまい止まってしまいます。

 

逆に安心を表す色は「青」です。空は不思議と人間に安心を与えてくれます。信号機の表記としても「安全」を示しています。

f:id:tunagarukun:20170403212247j:plain

 

 

 

 

全ての心理学をアドセンスアフィリエイトに取り入れる場合に大切な事

 

まとめ

認知的不協和テクニック」と言うのがあります。

人間は売り込まれる事で抵抗がうまれます。営業マンに対して強い警戒心が人のうまれるのはオフラインでもオンラインでも同じです。

最初に自分のブログをセールスとして見られない事が重要です。

そのため私のこのブログの様に「心理」をメインとしたブログは「管理人は自分を操ろうとしてるのではないか?」「心理学を使って商品を買わせようとしてるのではないか?」と思われてしまうのでどんなにアクセス数があがっても収益につながりにくくなります。

皆様のアフィリエイトのご参考になればうれしいです。

 

おすすめ記事

misaco.hatenadiary.com

misaco.hatenadiary.com

misaco.hatenadiary.com